上田假奈代(詩人・詩業家)
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを手がける。
2001年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動。
2003年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマに社会と表現の関わりをさぐる。
2008年から西成区(通称・釜ヶ崎)で喫茶店のふりをしている。
「ヨコハマトリエンナーレ2014」に釜ヶ崎芸術大学として参加。
NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。
大阪市立大学都市研究プラザ研究員。
2014年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞www.cocoroom.org